サービス

工事コンサルティング

アスベスト調査

建物の解体・改修を行う場合『事前調査』が法で定められています。 建物の売買や賃借等の場合でもアスベスト含有の報告が求められます。 解体工事は今後増加し、2028年にピークを迎えます。

●アスベスト調査の流れ

書面調査 (確認申請書や設計図書などを用い、調査対象の範囲を確認)
サンプリング (書面調査で確認した箇所のサンプリング)
分 析 (定性分析&定量分析)
報告書 (公的機関に使用可能)

石綿除去工事

施工手順に沿った施工、建物の使用状況や形状に応じた多様な方法で除去が可能です。
粉塵の飛散を防止し、法令や条例に規定する方法で除去を行います。
除去作業完了後は浮遊粉塵濃度測定を行い、報告書を作成します。

一般財団法人 日本環境衛生センター
建築物石綿含有建材調査者 在籍
労働安全衛生法に定める
石綿作業主任者在籍

解体工事

解体物件の概要や立地条件を現地での調査で確認。
着工前に解体工事に関する内容を丁寧に説明いたします。
粉塵や騒音には十分注意のうえ安全に工事を行い、 『産業廃棄物管理票』にて廃材の最終報告をいたします。

愛知県工場内 石綿含有調査

愛知県工場内 石綿含有調査2

官庁施設 石綿含有調査

官庁施設 石綿含有調査2

江東区ビル 石綿含有調査

埼玉県工場 石綿含有調査

埼玉県工場 石綿含有調査2

渋谷区一般住宅 石綿含有調査

渋谷区一般住宅 石綿含有調査2

千葉県公共施設 石綿含有調査

千葉県公共施設 石綿含有調査2

千葉県物流倉庫 石綿含有調査

千葉県物流倉庫 石綿含有調査2

船舶ボイラー室内 環境測定

中央区 商業ビル 石綿含有調査2

中央区飲食店 石綿含有調査

中央区飲食店 石綿含有調査2

中央区商業ビル 石綿含有調査

品川 物流倉庫

品川 物流倉庫2

浜松市集合住宅 石綿含有調査

浜松市集合住宅 石綿含有調査2